2008年05月05日

ありのまま大賞

 第10回ありのまま自立大賞の授賞式が行われた。自立支援功績賞に長谷川貞夫さんと岩田美津子さんが選ばれた。
 お二人とも目に障がいをもち、長谷川さんは目や耳に障がいをもつかたが使える携帯電話やATMの開発に携わっており、岩田さんは絵本の点訳に尽力されたとのこと。当事者ならでは視点で、さらに周りのかたやご家族のために活動してこられた。岩田さんの「母親として、自分の子どもに絵本を読んであげたい。」という気持ちから取り組んだというご挨拶が印象に残っている。お二人ともおめでとうとざいます。そしてこれまでの努力に敬意を表します。
posted by 岡本あき子 at 00:00| 福祉・教育