2006年05月14日

ハーフマラソン

 仙台ハーフマラソンが行われた。特に女子はアテネ銀メダリストのヌデレバ選手、日本記録保持者の福士加代子選手の出場で注目の大会となった。
 長町の沿道で子どもたちと河北新報社の旗を振って応援。最初に来たのは福士選手、1歩送れてヌデレバ選手。結局最後まで声援を送ってから、地下鉄でゴール地点へ移動。ついたときには表彰式が始まっている。福士選手が逃げ切ったようである。
 一流の選手が競う大会になったことはうれしい限り。
posted by 岡本あき子 at 00:00| 仙台