2014年02月03日

被災者の医療費減免の再開のためにも…

 午後からは、あすと長町仮設住宅で震災後の取り組みのシンポジウムに参加。福島の自主避難者の様子も紹介されました。
 ところで被災者の医療費窓口一部負担の減免再開の動きがようやく出てきています。県が少し財政支援をしてくれると、全部の市町村で対応可能になるのですが…
 「宮城県は各市町村でやってくれ。金は出せない。」って冷たすぎない?
posted by 岡本あき子 at 00:00| 被災者支援