2015年03月27日

ありがとう坪沼小学校

先日3月22日に仙台市太白区の坪沼小学校が隣の生出小学校と統合になり、閉校式が行われました。3月卒業の6年生も含め8名の児童での閉校式。母校が同じ大先輩のお父さんお母さん、おじいちゃんおばあちゃんも駆けつけ250名の式典と感謝の会でした。涙涙です。私も農業体験でお世話になっている里山の美しいふるさと。児童数は減ってもどの世代にとっても心のふるさと「坪沼」であり続けてほしいと思います。

http://www.sendai-c.ed.jp/~tsubosyo/tayori/26suzuran/H260325suzuranp4.pdf
posted by 岡本あき子 at 00:00| 太白区

2014年05月18日

田植えin坪沼

taue.htm

坪沼で田植え体験。お天気もよく、田んぼのぬかるみに快感を覚えながら手植え体験。美味しく育ってほしい
posted by 岡本あき子 at 00:00| 太白区

2014年02月02日

秋保ゆきんこまつり・節分祭

 今日は秋保雪んこまつり。かんじきツアーに参加。樹木の解説やウサギの足跡を追いながら雪道散策は楽しかったです。
 この後長町に戻らないとならないので、秋保神社の節分会は準備のところに立ち寄っただけ。
 午後からは、あすと長町仮設住宅で震災後の取り組みのシンポジウムに参加のため、蛸薬師の節分には参加できず残念。
 シンポジウムでは福島の自主避難者の様子も紹介されました。一人ひとりに寄り添うことの必要性を感じるとともに制度の限界も感じるこのごろ…
posted by 岡本あき子 at 17:00| 太白区

2013年07月02日

平家琵琶を聴きながら源氏ボタルを観賞する会

 しまったぁ先週の土曜日6月29日は太白区坪沼神社のホタル観賞会でした。他の用事がありすっかり忘れてた〜〜(T_T)

 仙台市太白区生出おいで・坪沼という地区は、かつて平家の落人が住み着いたという伝説があります。ここの坪沼神社では、毎年「平家琵琶を聴きながら、ゲンジボタルを観賞する」というイベントがあります。幻想的かつ優雅なひと時が楽しめるのでとても楽しみにしていたのに、29日土曜日だってことを失念していて・・・今年はホタルを観ることができませんでした(T_T)
 ここ坪沼地区は、棚田があり、かつての日本のふるさとを思わせる原風景が残っている地区です。「癒し」という言葉がぴったりのまち。ホタルの生息地まで出かける時は、外灯のない真っ暗な道を恐る恐る歩いていくと、その先にホタルが飛び交っているという地区です。
 来年こそわすれずに見に行かないと・・・
 仙台市秋保温泉からも車で20分くらいです。県外の方もぜひ来年はホタルを観に来てください。お勧めです。
posted by 岡本あき子 at 21:53| 太白区

2011年08月06日

ふれあいサロン

 七夕まつりの期間ですが、あすと長町仮設住宅で長町まざらいんの「ふれあいコーヒーサロン」を行いました。私たちの紙芝居「蛸じいちゃんと長太」も披露。
 七夕かざり制作も行い、たくさんのかたが参加しゆったりとした時間を過ごしていただきました。ながまち夏祭り、七夕、地域の盆踊りやアートインクルーージョンなどおまつりが続きます。少しでも元気がでるように。楽しい時間を過ごして下さいね。
posted by 岡本あき子 at 00:00| 太白区

2011年08月05日

一宮市から七夕の短冊のプレゼント

 一宮市から「水野裕子さんと吉田さん」という2人の女性が仙台に来てくれました。一宮でも七夕まつりがあり、その期間中に市民のみなさんから短冊にメッセージを書いてもらい、それを仙台に届けてくれました。
 長町地区にも背負ってやってきてくれ、「太白区中央市民センター・文化センター」の短冊コーナーとあすと長町の仮設住宅に飾らせてもらいました。
 一宮市民の子どもから大人までの心のこもった気持ちを届けてくれてすごくうれしいです。ありがとう!!七夕つながりで今後も交流ができたらいいですね。
posted by 岡本あき子 at 00:00| 太白区

2010年05月22日

こけしの森づくり

 坪沼の奥にある市有林で、植樹イベント。こけしの森づくりという経済局の催し。
 今までも何回か参加させていただいており、朝から防災服に身を包み、植樹する気満々で参加。開会式や植樹のポイント解説を伺い、いざフィールドへ。土にまみれて遊ぶ(失礼(^_^;))なんて久しぶり。子どもたちにも体験させてあげたいイベントのひとつ。
 あっという間に汗を掻き掻き持分修了。次の予定があり、おいしい坪沼なべにありつけなかったことだけが残念(>_<)
posted by 岡本あき子 at 00:00| 太白区

2009年06月12日

防災の日

 今日は防災の日。中田小学校で防災訓練が行われました。
 朝出かけると、すでに中田地区の町内会単位の参加者は、避難所に避難済み。朝7:00に震度6の地震が発生した想定。
 煙の体験、倒壊家屋からの救助訓練、応急処置訓練など、効率よくてきぱきと進んでいました。
 最近は体育館で、避難所生活の体験もついていて、簡易トイレの組み立て体験(むずかしい^_^;)も町内会の方々で実際にトライしてみる内容。
 今日はエフエムたいはくラジオ局も、防災訓練の情報を生放送で伝えていました。実際に発災したら、ラジオが貴重な情報源になることは明らかで、ラジオ局としても、コミュニティならではのイザというときの機動力の訓練にもなるはず。臨場感あふれる中継を行っていた模様。fm78.9MHzをみんなで活用してほしいものですね。
posted by 岡本あき子 at 00:00| 太白区

2009年06月07日

渋谷篤さん市民センターでコンサート

 八木山市民センター企画のピアノコンサート。渋谷篤さんの演奏会。市民センターの会議室で?しかもアップライトピアノ?
びっくりの企画である。
 当日会場に寄らせてもらうと、事前申し込みですでに会場いっぱい。無料で一流プロのクラシックピアノを聴けるなんて、贅沢な。。。昨日は仙フィルのトランペット、今日はクラシックピアノとめちゃめちゃ贅沢な幸せの時間を過ごさせてもらいました。
posted by 岡本あき子 at 00:00| 太白区

2008年09月29日

祝★FMたいはく一周年

 FMたいはくラジオ局が9/29で一周年を迎えた。深夜0:00のカウントダウンイベントに参加し、スタッフやリスナーのお客様など、たくさんのかたとともに、喜びを分かち合った。
 この一年楽しいことだけじゃなく、苦しいこともあり、みんなで力をあわせてがんばってきたのだな〜と実感。
 手弁当で参加してくれるパーソナリティのかたがたや技術スタッフのかたがた、リスナーのかたがた、みんながFMの宝物なのだと改めて感じました。
 心から 祝☆ エフエム たいはく!!!!!♪
posted by 岡本あき子 at 01:50| 太白区

2008年05月24日

こけしの森づくり

 秋保工芸の里で毎年行われている植樹イベント。経済環境委員会の委員長として出席。今年で6回目で秋保里センターでの植林は今年が最後。あき子も急斜面での植林を体験。土の斜面にはいつくばって身体を動かすのは久しぶり。土に触れながら、穴掘り肥料・植樹など作業をこなし、良い汗をかいた。お昼にはトン汁を提供してくださり、しあわせな時間を過ごした。
posted by 岡本あき子 at 00:00| 太白区

2008年04月20日

自治会

 マンションの自治会の総会が行われた。自主防災組織の必要性、一人暮らしのかたが増えてきたこと、賃貸で居住されている方にも参加していただくしくみづくり などの観点から、本格的な自治会活動に取り組むよう規約改正や新体制づくりなどを行うことを承認された。
 災害弱者の把握や、災害時を想定した訓練など本格的な自主防災活動を今後行っていくことになる。世帯数の多いマンションンなのでひとりひとり温度差もあると思うが、協力し、顔の見えるつきあいを広げることで、無機質なマンションをあたたかくできればうれしい。
posted by 岡本あき子 at 00:00| 太白区

2008年04月12日

野草館

 野草園の管理等である野草館がオープンした。開館式に参列。野草を保存する貴重な緑地としての大年寺山の評価や、東北ならではの植物の話などを伺い、あらためて野草園の存在価値の再発見につながった。家族連れなどでのんびり訪れ、お弁当を食べながら昼寝をするなど、贅沢な時間が過ごせる貴重な空間である。
 終了後広瀬川の清掃活動に合流。清掃はすでに終了しており、ゴミ袋のとりまとめくらいしかお手伝いできなかったが、その後の花見にはちゃっかり混ぜていただいた。風はあったが、お天気の気持ち良い花見会になった。
posted by 岡本あき子 at 00:00| 太白区

2008年04月09日

中学入学式

 中学校の入学式。つい2週間前まで小学校に通っていたこどもたちも制服を身につけると大人にみえるから不思議である。
 中1ギャップと呼ばれていて、小学校から中学校生活にうまく切り替えができるかどうかという問題が最近取り上げられている。先生が少し距離をもって生徒と接すること、教科担任制、部活等での先輩後輩など、小学校ではないものが次々とつきつけられると思うが、自分のペースを大切にし、元気に楽しく中学生活を送ってもらいたいものである。
posted by 岡本あき子 at 00:00| 太白区

2008年04月08日

入学式

 小学校の入学式に臨席させていただいた。まだあどけない子どもたちだが、挨拶にたつ校長先生や来賓の方々に一つ一つ返事をしたりとほほえましい。毎年驚くのは2年生が、なわとびや鍵盤ハーモニカの演奏や群読など、この1年間の成長振りを披露してくれること。1年ちがうとこんなに違うのね〜と感動である。
 今年の1年生も健やかに、たくましく成長し学校生活を楽しんでもらいたいものである。
posted by 岡本あき子 at 00:00| 太白区

2008年01月23日

長町新年会

 地元長町の町内会・商店会合同の新年会が開かれた。商業・生活者・公共が一緒になって開催されるこの新年会は、非常に特徴ある会なのだと思う。
 商店街が学区内にあることは、日中大人が近所にいてくれて見守ってくださっていることにつながっている。おかげさまで、ここの学区内は大きな事件や事故に巻き込まれることがないのだと思う。子どもをもつ母親として、不審者など、事件はあるものの、大きな被害に遭うことがないのは、地域の型に感謝である。
 今年もよろしくお願いします。
posted by 岡本あき子 at 00:00| 太白区

2008年01月21日

三師会

仙台市太白区では、三師会という会がある。医師会・歯科医師会・薬剤師会の3団体が、共同で会合を行うもの。仙台市でも三団体が一緒に活動するのは、太白区だけではないだろうか。
 医師会の善意で、当番制で休日に内科の診療を受け付けてくれる広南休日診療所も運営をしてくださっている。実は先日のインフルエンザ(たぶん?)に罹ったときもあき子はお世話になった。その日担当だった先生も今日は出席されていた。丁重に御礼を申し上げた。
 歯科医師会の先生と、歯科診断と家庭における児童への対応(虐待防止など・・・)について意見交換を行った。過日学校の養護教諭のかたから、最近は学校での健康診断で、保護者に対し児童生徒の医師への診察を求めても、丁寧に診察を受け、結果を報告される家庭がある一方で、なしのつぶてとなる家庭も多く、二極化しているという話を聞いたばかりだった。学校の通知表で学習面だけでなく、生活面について、学校で健診結果、要医療機関への相談の場合、その後の結果も児童生徒の評価に加えることはできないものだろうかと思わずにはいられなかった。
posted by 岡本あき子 at 00:00| 太白区

2008年01月19日

0123親子フォーラム

仙台市太白区中央児童館・中央市民センターを開場に「0123親子フォーラム」が開催された。あき子は「長町まざらいん」のメンバーとして昔の長町の風景のコーナーを担当。小さいお子さんを連れたお母さん・お父さんにかつての会場近辺の風景を眺めていただいた。まさにこの場所に秋保電鉄という鉄道の長町駅舎があり、隣には路面電車の市電長町線の長町駅があった。しかも迎えには当事の国鉄長町駅があり、乗降客でにぎわっていたのだ。昭和50年代は現在よりもはるかに人の流れがあったように見える。また昔ながらの季節行事として「餅花(だんご木・繭玉かざり・・・など呼び方はさまざま)」飾りと「おくずがけ」づくりの体験もしていただいた。大きなミズキの木に、紅白の餅を飾り付けて小正月に飾るもの。おくずがけは、小さく刻んだ野菜を煮て、うー麺を加え、葛湯で閉じたもの。お盆などに食べる料理だが身体があたたまり、今の季節でも全然OK。
 最近仙台に越してきた親子には「こんな風習や料理の体験ができるなんて、とても楽しい」といってくださった。このまちで安心して子育てをし、親子ともどもこのまちを好きになっていただけたらうれしい。
posted by 岡本あき子 at 00:00| 太白区

2007年11月27日

サル対人間

 秋保地区でサルの追い上げ作戦を行った。結果はサルの勝ち!!
近年サルの頭数が増え続け、山すその農家の農作物を食い荒らしたりと悪態が目に余るようになってきた。今はあまりにもひどい場合は、駆逐も可能となった。今日は猟友会、サルの調査会のメンバーのかたがたにも協力をいただき午前午後と実施。30頭のサルの群れを花火等で脅し山へ追い上げ、沢を渡ったところで猟友会が待ち受けて駆逐する計画だった。途中までは確かにサルの群れが沢に向かって動いていたようだ。一匹だけ沢を渡ったが、残りがついてこなかった。どうも途中でひっそりと身を隠し、こちらの動きを逆読みして行動しているらしい。待ち受けるハンター方面ではなく、左へ方向転換し大きくまわりながら、元いた場所に戻っていったようである。すっかりサルにだまされた〜。追い上げ馴れもしているのかもしれない。お猿さんおみごと!
posted by 岡本あき子 at 00:35| 太白区

2007年11月01日

フルート奏者 荒川洋さん

 今日は富沢中学校の創立20周年の記念式典に参列した。記念講演は渡辺祥子さんプロデュースの「The Great Wing〜渡り鳥・雁のゴーマーの物語」の朗読。ピアノと作曲の稲垣達也さん、フルート演奏の荒川洋さんのトリオ。初めての渡りに挑戦する若雁のゴーマーの物語。祥子さんの迫力ある声にピアノとフルートのコラボレーション。とても感動しました。
 なんといっても荒川洋さんのフルートにびっくりでした。フルートってもっとやわらかい音色の楽器と思っていたのが、ド迫力。仙台出身と伺ってさらにびっくり。素人の私ですら感動したフルート演奏なのでプロの評価たるや・・・推して知るべしですね。富沢中の生徒たちも真剣に聞いている生徒が多く、落ち着いた学校だなあという印象。私のななめ前の2年生の男の子は、睡魔と闘って首がかくんかくんしていて、その隣の男の子が頻繁に声をかけたり身体をつついたりと起こしてあげていて、その子の必死さと当の本人のどうでもいいって感じの対比がかえってほほえましかったです。
 楽しい中学校生活を送ってゴーマーのようにたくましく飛び立っていってほしいですね。20周年おめでとうございます。
posted by 岡本あき子 at 00:00| 太白区