2011年08月16日

8月16日

 朝は倫理法人会の勉強会。五十嵐潔美さんのお話。貞観津波以降の自然災害の歴史について学びました。
 貞観津波、富士山の噴火、青森県の十三湊の安東水軍の水害による壊滅など、伝説のように思っていたことが、実際に時代をさかのぼる過去に本当にあったこととして改めて思わされました。
 朝の街頭はラらガーデン前。お盆の暑い中通勤に出かけられるみなさん。お疲れのでませんように。
 一日挨拶や選挙に向けた準備に追われた中、サープライズ(@_@;)
 友人が私の誕生日にかわいいお花をプレゼントしてくれました。すごくうれしい。まわりに支えあえる人がいるってこんなにうれしいことなんだと改めて認識。
 みなさんありがとう!!元気をいただきました。またたくさんの方からお祝いメールももらい感動の一日です。
 
posted by 岡本あき子 at 00:00| 日記

2011年08月15日

追加の支援制度

市民の皆さんからの要望により、制度が改善されています。主な制度を紹介します。


1-1.税金の減免→国税(所得税)
 住宅・土地・家財に損壊がある方は、確定申告「雑損控除または災害免除」の適用が可能。
22年度の更正申告をすると、昨年の税金が戻ってきます。簡易計算方式あり。控除しきれない損害額の場合翌年に繰り越しも可能。 問合せ:仙台南税務署 306-8001 

1-2.税金の減免→県・市民税
 所得1,000万円以下で半壊以上の被害があった方は12.5%〜の減免。
り災証明の申請をしている方は、減免申請不要。
り災証明の申請をしていない方は、
申込先:太白区役所税務課 申請締切 8月31日(水)期日後は要相談
準備物:減免申請書(ほか関係書類)、印鑑、平成23年度納税通知書

1-3.税金の減免→固定資産税・都市計画税
 住宅(半壊以上)・土地(2割以上)・償却資産(2割以上)の損害のある方は40%〜の減免。り災証明の申請・避難勧告区域内の方は、減免申請不要。
※住宅を解体した場合、税の減免期間が過ぎても10年間は更地課税(住宅用地よりも高く課税する)の対象外とします。


2-1.解体・修理→自費で住宅を自費解体した方への助成
 倒壊の恐れがある個人家屋、中小企業者の事業所等の建物全体を自費で解体(平成23年5月23日より前に)した方に解体費用の助成を行います。
準備物等問合せ:専用263-8590 
  ※5月23日以降は市に申請してから解体する場合、解体費が助成されています。

2-2.解体・修理→ブロック塀の解体・撤去(自費解体の方へは後日制度開始)
 損壊したブロック塀を解体・撤去します。
準備物等問合せ:専用263-8590 
※既に自費で解体した方への適用も準備中です。証拠書類等を保管していてください。

2-3.解体・修理→分譲マンションの共有部分の修理
 応急修理制度の範囲内で、マンション共有部分(階段・エレベータ・ベランダ等)の修理も可となりました。
準備物等問合せ:市役所財政局財産管理課 専用0120-055-150
posted by 岡本あき子 at 00:00| 被災者支援

2011年08月11日

震災後5か月

 震災後5か月がたちました。今日は被災地各地で一斉に花火をあげたというニュースが流れました。広瀬川でも花火があがり、慰霊を込めた盆踊りも行われたとのこと。
 少しでも元の生活を取り戻したい!!という被災者のみなさんに応えられるよう政治もがんばらなければならない。
 
posted by 岡本あき子 at 00:00| 日記

2011年08月08日

やる気、元気、本気。がんばろう長町

 8月6日〜8日まで仙台七夕まつり開催されました。今
年も長町一丁目、サンカトゥール、長町駅前の各商店会
の作成した吹き流しが風に揺れて美しい風景を作り出し
ていました。
 今年の駅前商店会では「折鶴に復興の祈りを込めて」
というテーマで、全ての吹き流しに折鶴が飾られまし
た。鶴は全部で6色で、それぞれに復興への想いを込め
た意味があるのです。
☆「紫と黄色:癒しと励まし」
☆「黄色とオレンジ:明るく前向きに」
☆「水色と黄色:楽しい気持ち」
☆「水色とピンク:やさしい気持ち」
☆「ピンクと赤:幸せな気持ち」
☆「黄緑と白:新たなスタートと成長」
 長町の風に乗り、吹き流しとともに祈りの鶴が舞い、
復興への気力が湧いてくる七夕まつりとなりました。
やる気、元気、本気。がんばろう長町。
posted by 岡本あき子 at 00:00| 仙台

2011年08月06日

ふれあいサロン

 七夕まつりの期間ですが、あすと長町仮設住宅で長町まざらいんの「ふれあいコーヒーサロン」を行いました。私たちの紙芝居「蛸じいちゃんと長太」も披露。
 七夕かざり制作も行い、たくさんのかたが参加しゆったりとした時間を過ごしていただきました。ながまち夏祭り、七夕、地域の盆踊りやアートインクルーージョンなどおまつりが続きます。少しでも元気がでるように。楽しい時間を過ごして下さいね。
posted by 岡本あき子 at 00:00| 太白区

2011年08月05日

一宮市から七夕の短冊のプレゼント

 一宮市から「水野裕子さんと吉田さん」という2人の女性が仙台に来てくれました。一宮でも七夕まつりがあり、その期間中に市民のみなさんから短冊にメッセージを書いてもらい、それを仙台に届けてくれました。
 長町地区にも背負ってやってきてくれ、「太白区中央市民センター・文化センター」の短冊コーナーとあすと長町の仮設住宅に飾らせてもらいました。
 一宮市民の子どもから大人までの心のこもった気持ちを届けてくれてすごくうれしいです。ありがとう!!七夕つながりで今後も交流ができたらいいですね。
posted by 岡本あき子 at 00:00| 太白区

2011年05月07日

仙台市で仮設住宅第2次の募集が始まります。

 5月9日(月)から仮設住宅の第二次の募集が始まります
募集期間は5月9日(月)〜18日(水)

コミュニティ申し込みは5世帯以上。
プレハブや市営住宅ではコミュニティ申し込みと世帯単独申し込みの両方が可能。
公務員住宅やNTT社宅など集合住宅借り上げは世帯単独申込みとのことです。

☆コミュニティ・世帯単独 ともに受付は
宮城野区
・仙台港背後地6号公園
・荒井土地区画整理事業小学校用地
・福田町南一丁目公園
・岡田西町公園
・扇町四丁目公園
・扇町一丁目公園

若林区
・若林区日辺グラウンド
・   〃 多目的広場
・七郷中央公園
・卸町五丁目公園
・卸町東二丁目公園

太白区
・あすと長町38街区

☆コミュニティ申し込みのみの受付
宮城野区
・鶴巻一丁目東公園
・港南西公園
・高砂一丁目公園
・六丁の目中町西公園

若林区
・荒井2号公園
・荒井7号公園

☆世帯単独申し込みのみの受付
若林区
・南小泉3-18 JR社宅

青葉区
・角五郎2-15 公務員宿舎
・川内元支倉35 公務員宿舎
・中山五丁目18 公務員宿舎
・角五郎2-8 NTT社宅
・愛子中央3丁目 上原市営住宅

太白区
・八木山南2-3 NTT社宅
・三神峯2-63 NTT社宅
・西中田6丁目 市営住宅

泉区
・鶴ケ丘1-23 NTT社宅


posted by 岡本あき子 at 09:58| 被災者支援

2011年05月05日

宅地地盤被害への支援策

 枝野官房長官が来仙し、折立の宅地被害地域、東北大学、あすと長町の仮設住宅等を視察。記者に対して「地盤被害のあった宅地に対して、住宅金融支援機構からの融資のほかに国として新たな支援策」を検討するコメントをしました。
 太白区の緑ヶ丘地区をはじめ丘陵地の団地での地盤崩れによる被害が大きく、少しでも支援し復旧できる策を講じてほしいと要望していただけに、前向きのコメントに期待を大きくするものです。
 早期の具体的な支援策を提示してもらいたい。
posted by 岡本あき子 at 23:42| 被災者支援

2011年05月04日

仮設住宅入居者へのプレゼント

 仮設住宅には家電6点セット「テレビ・冷蔵庫・洗濯機・電子レンジ・炊飯器・ポット」のほか、布団のセットと食器類のセットがプレゼントになります。
 これは民間の賃貸住宅に仮設扱いで入居されるかた、すでに自力で民間の賃貸住宅に入居したかたで申請して仮設住宅扱いに認定されたかたのうち、希望する方にも届けられます。
 住む家を失った方が、少しでも早く新しい生活をスタートできますように。
posted by 岡本あき子 at 00:00| 被災者支援

2011年05月03日

自衛隊活動報告会

 昨日は、大震災発生後の自衛隊の活動について、市議会の有志で勉強する機会がありました。私はあいにく人と会う予定が入っていて、終わり次第駆けつけたが残念ながら終わった後でした。映像での報告とのことでしたがぜひ拝見したかったです。
 発災直後から駆けつけ、黙々と救助・支援活動を続けてくださって、一番危険で精神的にも肉低的にも厳しい任務を背負ってくださるみなさん、本当に感謝です。
 ネットで
 自衛隊員の家族が夫に「無理しないで!」というメールを送ったら、
「自衛隊をなめんなよ。今無理しないでいつ無理するんだ!言葉に気をつけろ」
という返信がきたというエピソードが紹介されていました。
 「敬意を表する」ということばはこのためにあるのだなとつくづく感じている毎日です。


posted by 岡本あき子 at 00:00| 震災